よくある質問


このFAQにない内容につきましては、お問い合わせフォーム、またはお電話からお気軽にお問い合わせください。

データ復旧について

データ復旧サービスとは何ですか?

障害が起きたお客様の媒体を一時お預かりし、この中から可能な限りデータを取り出し、別の媒体に移してお返しするサービスです。また、論理障害の場合は、お客様のコンピュータと弊社内の復旧サービス用システムをインターネット経由(オンライン)で接続して、データを修復する事も可能です。

物理障害と論理障害の違いは?

物理障害とは電気的、機械的に破損しているものです。異音が発生したり、ファイルへのアクセスが異常に遅くなったりします。論理障害とはファイルの誤削除や、誤フォーマット等、HDDに問題は無いがファイルへのアクセスが不可能な場合を指します。

データ復旧の対象となる媒体は?

クライアントHDD、サーバ、RAID、LAN接続型HDD、FD、CD、MO、DVD、TAPE、メモリーカード等、ほとんどのメディアが対象になります。詳しくはデータ復旧可能メディアをご確認の上、お問い合わせください。

データ復旧の対象となるOSは?

DOS、Windows、OS/2、NetWare、MacOS、UNIX など ほとんどのOSです。 詳しくは業界No.1の対応OSをご確認の上、お問い合わせください。

データ回収が不可能なケースとは?

MS-DOS以前のPC用OSや、大型汎用機、WP専用機などは弊社で サポートしていません。また、上書きや物理フォーマットを行ったファイルも残念ながら回収は不可能です。詳しくはお問い合わせください。

サービスの手順は?

概算費用をご案内させて頂き、データ復旧を御検討頂いているお客様には、調査依頼書を発行しております。書類と障害媒体を弊社までお送り頂く事で、データが復旧可能であるか調査をさせて頂きます。復旧作業はお客様のご指示の元で行い、回収データは別のメディアに移してお返し致します。 詳しくはサービスの流れをご確認の上、お問い合わせください。

作業にかかる期間は?

障害の程度にもよります。現在までの実績として、障害を受けた媒体が弊社ラボ(復旧作業を行なうセンター)に届いてから、平均実働1~3日で調査が完了します。さらに復旧作業として平均実働 1~3日で回収が行なわれます。最短は調査、復旧あわせて1日というのもありますが、この他にお客様の場所からラボまで、およびその逆の媒体の輸送・運搬時間が掛かります。

データ復旧にかかる費用は?

主な費用は「調査費」と「復旧可能な場合の復旧費」の2つです。 詳しくは料金についてをご確認の上、お問合わせください。

暗号化されたメディアの復旧はできますか?

暗号の解除キーのご提供をお願いする事によって復旧を行っています。