LANDISK(ランディスク)


hd-lcu3-c-bk_c2

I-O DATA(アイ・オー・データ)社製ネットワーク接続ハードディスク(NAS) のLANDISKのデータ復旧事例

LANDISKのデータ復旧の詳細はこちら

LANDISKの概要とデータ復旧はこちら

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 P-NASのRAIDが崩壊してしまい、起動しなくなった。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。2台からなるRAID6。2台共に:媒体イメージ100%取得成功し、RAID6を再構築。構造損傷部に補正を施し、修復処置を実施。復旧容量:682GB 復旧ファイル数:1,112,341

アクセス不能

媒体 障害型番:HDL-GTR1.0 4台RAID ドライブ容量総計:500GB
障害内容 ファイルのコピー等を行っていると、反応が徐々に鈍くなり、エクスプローラでフォルダを開くのでさえスピードダウンしていき、遂に障害が発生した。
結果 構造損傷(上書き)。HDD全4台読み取り100%。RAID0+1の再構築を実施。構造情報にも損傷がありましたが、構造損傷を補正し、修復処置を実施。復旧容量:403GB 復旧ファイル数:1,136,927 復旧率:99%

ランプ点灯

媒体 障害型番:HDL-GX250R ドライブ容量総計:250GB
障害内容 Lan Diskのステータスランプが常時赤点灯している。
結果 ドライブ故障(動作不安定)。本体故障により電源供給不安定状態。物理処置によりイメージ作成100%。EXT3構造に問題なし。100%回収可。復旧容量:143GB 復旧ファイル数:54,930 復旧率:100%

ランプ点滅

媒体 障害型番:HDL2-A2.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 ランディスクの電源を入れるとランプが赤く点滅して起動しない。
結果 ドライブ故障(ヘッド系)。ドライブAのヘッド不良による物理障害。物理的修復処置を施しイメージ化100%。ドライブBは問題なし、イメージ100%OK。RAID0を再構築を実施。回収に影響する損傷無し。100%回収可能。復旧容量:3GB 復旧ファイル数:30,640 復旧率:100%

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-GT1.0 4台RAID ドライブ容量総計:1000GB
障害内容 HDDに障害発生。#3が未接続となり、その後#2が未接続になった。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。イメージ読み取りA、B、Dは100%、Cはリードエラーあり:99%。C、Bの順にDead。RAID5を再構築後、構造部の破壊を補正し100%回収可能。復旧容量:25GB 復旧ファイル数:29,205 復旧率:100%

異音

媒体 障害型番:HDL2-A6.0 2台MIRROR ドライブ容量総計:4TB
障害内容 アクセス可能だが、データの読み込みができない。
結果 ドライブ故障(ヘッドクラッシュ)。ハードディスクAからはクラッシュ音が聞こえます。開封すると、Headにスチールウールがある状態です。ハードディスクBは99%のイメージが取得でき、これを使用してRAID1を再構築。破損した構造を補正しファイル回収を実行しました。復旧容量:31GB 復旧ファイル数:28,303

起動しない

媒体 障害型番:HDL-GX500R ドライブ容量総計:500GB
障害内容 時折、怪しい動きを見せていた。そろそろ交換時期かと思っていたが、交換する前に故障してしまった。
結果 他社作業済み。 ドライブ故障(ベアリング系)。ベアリング不良による物理障害です。破損部品の補修、交換等の物理処置により動作。イメージ作成もリードエラー併発により95%。NASのEXT構造でNetatalk経由でMac使用されていた。構造損傷を補正し、修復処置を実施。復旧容量:297GB 復旧ファイル数:110,201

異音

媒体 障害型番:HDC2-U2.0S 2台MIRROR ドライブ容量総計:1000GB
障害内容 ランディスク内部から異音がして、起動しない。
結果 ドライブ故障(ヘッドクラッシュ)。2台目のHDDのHeadがクラッシュ。開封し、清掃、ヘッド交換等物理処置を施すも、リードエラーによりイメージ作成不可。1台目のHDDを利用し、RAID1のリビルド、構造損傷の補正を実行。修復処置を実施しました。復旧容量:34GB 復旧ファイル数:59,596 復旧率:100%

ファイル消失

媒体 障害型番:HDL-GTR2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 遅延書込エラーが発生し、一部ファイルデータが消失してしまった。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。イメージ作成4台中3台100%、1台リードエラーにより99%。RAID5の再構成を行い、暗号化解除。再イメージし、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:1.2TB 復旧ファイル数:873,022

マウント不可

媒体 障害型番:HDL-XR4.0R 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 停電により、電源再起動すると、マウント失敗の表示がされる。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。HDDイメージ4台100%成功。RAID6の再構成を行い、暗号化解除。再イメージし、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:329GB 復旧ファイル数:117,489 復旧率:99%

起動しない

媒体 障害型番:RHD2-U1.5T 2台RAID ドライブ容量総計:750GB
障害内容 電源ボタンを押してもパワーランプが点灯せず、起動しない。
結果 ドライブ故障(回転系)。HDD#1はイメージ作成100%。HDD#2はモーター不良による物理障害です。#1からRAID1を再構築し、回収に影響する損傷なし。ファイル100%回収OKです。復旧容量:156GB 復旧ファイル数:45,654 復旧率:100%

異音

媒体 障害型番:HDL-GT2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 ランプの赤点灯と共にピーポーと警告音が鳴り響く。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。イメージ作成4台中#1,#3,#4は100%、#2のみ99%。RAID0+1の再構築を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:455GB 復旧ファイル数:1,090,111

認識しない

媒体 障害型番:HDL2-G2.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 NASの電源が抜けてしまい、それから認識しなくなった。
結果 他社作業済み。 ドライブ故障(フォーマットコラプト)。HDD-A,B共にコラプトによる物理障害あり。コラプト修復し、イメージ作成A:99%、B:99%。損傷構造を修復し、ファイルを回収。復旧容量:1.3TB 復旧ファイル数:510,841

フォーマット

媒体 障害型番:HDL-XR2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 初期化によりファイルが消失してしまった。
結果 他社作業済み。 構造損傷(フォーマット)。フォーマットからの回収を行う論理障害です。旧構造のRAID5を再構築し、削除痕跡を元に構造補正可。ヘッダ切出しも併用し、修復処置を実施。復旧容量:131GB 復旧ファイル数:1,080,666

アクセス不能

媒体 障害型番:HDR-XR4.0 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 フォルダまでは見えるが、フォルダの中身は見られず、ファイルにアクセスできない。
結果 構造損傷(上書き)。HDD全4台読み取り100%。RAID5のXFS構造に問題なし。構造損傷を補正し、修復処置を実施。100%ファイル回収可能。復旧容量:51GB 復旧ファイル数:361,195 復旧率:100%

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 内蔵ディスクに故障が発生した。強制的に修復しようとしてリビルド中にHDDを交換したら失敗してしまい、RAIDが崩壊した。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。HDD#1,3,4イメージ作成100%、HDD#2はリードエラーにより99%。RAID6の再構成を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:212GB 復旧ファイル数:822,657

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 P-NASのRAIDが崩壊してしまい、起動しなくなった。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。2台からなるRAID6。2台共に:媒体イメージ100%取得成功し、RAID6を再構築。構造損傷部に補正を施し、修復処置を実施。復旧容量:682GB 復旧ファイル数:1,112,341

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-GT1.0 4台RAID ドライブ容量総計:1000GB
障害内容 HDDに障害発生。#3が未接続となり、その後#2が未接続になった。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。イメージ読み取りA、B、Dは100%、Cはリードエラーあり:99%。C、Bの順にDead。RAID5を再構築後、構造部の破壊を補正し100%回収可能。復旧容量:25GB 復旧ファイル数:29,205 復旧率:100%

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 内蔵ディスクに故障が発生した。強制的に修復しようとしてリビルド中にHDDを交換したら失敗してしまい、RAIDが崩壊した。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。HDD#1,3,4イメージ作成100%、HDD#2はリードエラーにより99%。RAID6の再構成を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:212GB 復旧ファイル数:822,657

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 P-NASのRAIDが崩壊してしまい、起動しなくなった。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。2台からなるRAID6。2台共に:媒体イメージ100%取得成功し、RAID6を再構築。構造損傷部に補正を施し、修復処置を実施。復旧容量:682GB 復旧ファイル数:1,112,341

異音

媒体 障害型番:HDC2-U2.0S 2台MIRROR ドライブ容量総計:1000GB
障害内容 ランディスク内部から異音がして、起動しない。
結果 ドライブ故障(ヘッドクラッシュ)。2台目のHDDのHeadがクラッシュ。開封し、清掃、ヘッド交換等物理処置を施すも、リードエラーによりイメージ作成不可。1台目のHDDを利用し、RAID1のリビルド、構造損傷の補正を実行。修復処置を実施しました。復旧容量:34GB 復旧ファイル数:59,596 復旧率:100%

起動しない

媒体 障害型番:RHD2-U1.5T 2台RAID ドライブ容量総計:750GB
障害内容 電源ボタンを押してもパワーランプが点灯せず、起動しない。
結果 ドライブ故障(回転系)。HDD#1はイメージ作成100%。HDD#2はモーター不良による物理障害です。#1からRAID1を再構築し、回収に影響する損傷なし。ファイル100%回収OKです。復旧容量:156GB 復旧ファイル数:45,654 復旧率:100%

アクセス不能

媒体 障害型番:HDL-GTR1.0 4台RAID ドライブ容量総計:500GB
障害内容 ファイルのコピー等を行っていると、反応が徐々に鈍くなり、エクスプローラでフォルダを開くのでさえスピードダウンしていき、遂に障害が発生した。
結果 構造損傷(上書き)。HDD全4台読み取り100%。RAID0+1の再構築を実施。構造情報にも損傷がありましたが、構造損傷を補正し、修復処置を実施。復旧容量:403GB 復旧ファイル数:1,136,927 復旧率:99%

アクセス不能

媒体 障害型番:HDR-XR4.0 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 フォルダまでは見えるが、フォルダの中身は見られず、ファイルにアクセスできない。
結果 構造損傷(上書き)。HDD全4台読み取り100%。RAID5のXFS構造に問題なし。構造損傷を補正し、修復処置を実施。100%ファイル回収可能。復旧容量:51GB 復旧ファイル数:361,195 復旧率:100%

ランプ点灯

媒体 障害型番:HDL-GX250R ドライブ容量総計:250GB
障害内容 Lan Diskのステータスランプが常時赤点灯している。
結果 ドライブ故障(動作不安定)。本体故障により電源供給不安定状態。物理処置によりイメージ作成100%。EXT3構造に問題なし。100%回収可。復旧容量:143GB 復旧ファイル数:54,930 復旧率:100%

ランプ点滅

媒体 障害型番:HDL2-A2.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 ランディスクの電源を入れるとランプが赤く点滅して起動しない。
結果 ドライブ故障(ヘッド系)。ドライブAのヘッド不良による物理障害。物理的修復処置を施しイメージ化100%。ドライブBは問題なし、イメージ100%OK。RAID0を再構築を実施。回収に影響する損傷無し。100%回収可能。復旧容量:3GB 復旧ファイル数:30,640 復旧率:100%

異音

媒体 障害型番:HDL-GT2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 ランプの赤点灯と共にピーポーと警告音が鳴り響く。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。イメージ作成4台中#1,#3,#4は100%、#2のみ99%。RAID0+1の再構築を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:455GB 復旧ファイル数:1,090,111

異音

媒体 障害型番:HDL2-A6.0 2台MIRROR ドライブ容量総計:4TB
障害内容 アクセス可能だが、データの読み込みができない。
結果 ドライブ故障(ヘッドクラッシュ)。ハードディスクAからはクラッシュ音が聞こえます。開封すると、Headにスチールウールがある状態です。ハードディスクBは99%のイメージが取得でき、これを使用してRAID1を再構築。破損した構造を補正しファイル回収を実行しました。復旧容量:31GB 復旧ファイル数:28,303

ファイル消失

媒体 障害型番:HDL-GTR2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 遅延書込エラーが発生し、一部ファイルデータが消失してしまった。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。イメージ作成4台中3台100%、1台リードエラーにより99%。RAID5の再構成を行い、暗号化解除。再イメージし、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:1.2TB 復旧ファイル数:873,022

フォーマット

媒体 障害型番:HDL-XR2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 初期化によりファイルが消失してしまった。
結果 他社作業済み。 構造損傷(フォーマット)。フォーマットからの回収を行う論理障害です。旧構造のRAID5を再構築し、削除痕跡を元に構造補正可。ヘッダ切出しも併用し、修復処置を実施。復旧容量:131GB 復旧ファイル数:1,080,666

起動しない

媒体 障害型番:HDL-GX500R ドライブ容量総計:500GB
障害内容 時折、怪しい動きを見せていた。そろそろ交換時期かと思っていたが、交換する前に故障してしまった。
結果 他社作業済み。 ドライブ故障(ベアリング系)。ベアリング不良による物理障害です。破損部品の補修、交換等の物理処置により動作。イメージ作成もリードエラー併発により95%。NASのEXT構造でNetatalk経由でMac使用されていた。構造損傷を補正し、修復処置を実施。復旧容量:297GB 復旧ファイル数:110,201

マウント不可

媒体 障害型番:HDL-XR4.0R 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 停電により、電源再起動すると、マウント失敗の表示がされる。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。HDDイメージ4台100%成功。RAID6の再構成を行い、暗号化解除。再イメージし、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:329GB 復旧ファイル数:117,489 復旧率:99%

認識しない

媒体 障害型番:HDL2-G2.0 2台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 NASの電源が抜けてしまい、それから認識しなくなった。
結果 他社作業済み。 ドライブ故障(フォーマットコラプト)。HDD-A,B共にコラプトによる物理障害あり。コラプト修復し、イメージ作成A:99%、B:99%。損傷構造を修復し、ファイルを回収。復旧容量:1.3TB 復旧ファイル数:510,841

異音

媒体 障害型番:HDC2-U2.0S 2台MIRROR ドライブ容量総計:1000GB
障害内容 ランディスク内部から異音がして、起動しない。
結果 ドライブ故障(ヘッドクラッシュ)。2台目のHDDのHeadがクラッシュ。開封し、清掃、ヘッド交換等物理処置を施すも、リードエラーによりイメージ作成不可。1台目のHDDを利用し、RAID1のリビルド、構造損傷の補正を実行。修復処置を実施しました。復旧容量:34GB 復旧ファイル数:59,596 復旧率:100%

異音

媒体 障害型番:HDL-GT2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 ランプの赤点灯と共にピーポーと警告音が鳴り響く。
結果 構造損傷(RAID崩壊)。イメージ作成4台中#1,#3,#4は100%、#2のみ99%。RAID0+1の再構築を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:455GB 復旧ファイル数:1,090,111

ファイル消失

媒体 障害型番:HDL-GTR2.0 4台RAID ドライブ容量総計:2TB
障害内容 遅延書込エラーが発生し、一部ファイルデータが消失してしまった。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。イメージ作成4台中3台100%、1台リードエラーにより99%。RAID5の再構成を行い、暗号化解除。再イメージし、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:1.2TB 復旧ファイル数:873,022

RAID崩壊

媒体 障害型番:HDL-XR4.0 4台RAID ドライブ容量総計:4TB
障害内容 内蔵ディスクに故障が発生した。強制的に修復しようとしてリビルド中にHDDを交換したら失敗してしまい、RAIDが崩壊した。
結果 ドライブ故障(リードエラー)。HDD#1,3,4イメージ作成100%、HDD#2はリードエラーにより99%。RAID6の再構成を行い、構造損傷を補正、修復処置を実施。復旧容量:212GB 復旧ファイル数:822,657

取扱実績企業

取扱実績のある企業の一部をご紹介いたします。